おすすめの冷え性対策|できることから始めましょう。

おすすめの冷え性対策|できることから始めましょう。記事一覧

体を温めると言われてる雑穀米に、ひえ・赤米・きびの3つがあります。あまり聞き慣れない穀物名ですが、この3種は、たんぱく質や各種ビタミン、ミネラルがたくさん含まれているので、冷え性対策におすすめです。体を温め、内臓を強くする効果が高いと期待される雑穀について、調べてみました。主食のご飯に加えるだけなので、気軽に利用できておすすめです。

冷え性対策で、最もおすすめなのが運動です。筋肉をつけることで、内側から体をあたためることが可能になります。ズボラ女子でも10分程度で出来る、できるだけ簡単な運動を探してみました。

冷え性でお悩みの方は、シャワーではなく入浴をおすすめします。入浴時に汗をしっかり流すことは、むくみが解消、血行促進など様々な健康効果が期待できます。さらに、リラックス効果があるので、ストレスで冷え性になっている方にはピッタリ。皮脂の分泌を促進してくれるので、冬場に肌の乾燥でお悩みの方にもおすすめです。ここでは、つらい冷え性が少しでも楽になる、お風呂の入り方と、「半身浴」「手浴」「足浴」「入浴剤」に...

美容に健康に気遣う女性は、食事にも気を使い、野菜はたくさん食べていますよね。しかし、野菜には、体をひやすものと、あたためるものがある事を知っていますか?冷えを感じた日は、あたたかい食材。夏の暑い日は、ほてった体をクールダウンする食材。季節やその日の体調などにあわせ、バランスよく食べることをおすすめします。また、体を冷やす食材だからといって、避ける事はありません。炒めたり、煮たりといった加熱調理をす...

冷えとり生活をしている時でも、外食の誘いは受けたいですよね。ここでは、外食時にもできる、冷え性対策を集めてみました。メニューをえらびのポイントや、ちょい足し食材のショウガパウダーの利用方法も集めてみました。無理なく、冷えとり生活を継続しましょう。

20〜30代の女性に、お灸ブームがきていて、「お灸女子」という言葉までできています。お灸はもともと、約3000年前に中国で考案され、日本でも民間療法として利用されています。熱でツボを刺激して、諸症状を改善する事ができると考えられています。温熱を利用することで、ツボを指圧によるマッサージよりも、強い刺激を与えるので、治療効果も高いようです。「お灸女子」体験するまえに、知っておきたい情報をまとめてみま...

外出先が思いがけず寒かった時など、色々な場面で役立つのが使い捨てカイロです。ファッションにひびきにくく、冷え性女子のお助けアイテムですね。これをどこに貼れば、効率よく体を温められるか、また、貼れないタイプのカイロならばどう使うか解説します。

オフィスでは制服やエアコンの温度など、体温の調節が難しい場合があります。また、デスクワークの場合、座りっぱなしでうっ血しやすいので、冷え性の方はむくみでもお悩みのようです。そんな方は、温かい飲み物を飲んだり、カイロや湯たんぽなどを活用して「疲れたら、温める」をぜひ実践してみてください。ここでは、様々なオフィスで利用できる、手軽に温かい冷えとりグッズや、ちょっとした時間にできる運動を紹介します。ぜひ...

冬になると足先が冷えて困っていました。特に冷え性だと、普通の靴下だけでは冷えやすいですよね。そんなときの冷え性対策におすすめなのが湯たんぽです。湯たんぽと言うと就寝する前に布団の中に入れて足を温めるものと言うイメージが強いですよね。一般的なブリキの湯たんぽだけでなく、様々なタイプの湯たんぽがあり、変わり種としてはブーツのように足で履くものもあります。ここでは、湯たんぽのタイプをそれぞれ解説していき...

冷え性は体の一部分が冷えてしまうことにより、寒さを感じない温度でも寒さを感じてしまう症状です。冷え性により夜眠れない事や、体に痛みが走るなど、人によってはさまざまな症状が体に現れます。そして、冷え性は病気の引き金になることも。冷え性は、ホルモンなどの影響により自律神経が乱れやすい女性に多く起こるとされており、何かしらの対策が必要になります。ここではそんな冷え性に効果的なおすすめ対策を7つ紹介してい...

最近すっかり定着した「糖質制限ダイエット」。効果が出やすいということで、芸能人でも多くの人が挑戦していますね。でも実は、間違った糖質制限ダイエットをしてしまうと、冷えが悪化してしまう場合もあるんですよ。無理なダイエットで冷え性にならないように、冷え性対策と糖質制限ダイエットを両立させる方法についてまとめてみました。

生理前に腹痛や頭痛、気分の落ち込みなどのさまざまな症状が出ることがあります。人によっては体の冷えを感じることもあるでしょう。なぜ生理前にこのような不快な症状が出るのでしょうか?これから、冷え性と生理周期について詳しく説明していきます。

夏のオフィスは、冷房を使用しているため冷え性になりやすいと言えます。女性は男性に比べ筋肉量が少ないことも、冷え性になりやすい原因の一つと言えます。冷房の設定温度を上げることができない場合には、自分で冷え性対策をする必要があります。夏のオフィスで冷え性になりやすい原因と対策について、詳しく見ていきましょう。

ふくらはぎは「第2の心臓」と言われています。重力の影響により、下半身には血液がたまりやすくなります。しかしふくらはぎの血流を改善することにより、下半身で滞っていた血液が心臓に戻りやすくなります。結果として全身の血流が改善することにより、冷え性の改善にもつながります。冷え性改善におけるふくらはぎの役割と、効果の出るマッサージや運動などについて詳しく解説していきます。

夏は気温が高いため、体が冷えていることに気が付かない人も多くいます。皮膚に触れた時に冷たく感じるのは、冷え性がおこっている証拠と考えられます。しかし、なぜ気温が高い夏にも冷え性がおこるのでしょう?これから冷え性がおこる原因と対策について、詳しく解説していきます。