お風呂の入り方を学んで冷え性改善

 

冷え性でお悩みの方は、シャワーではなく入浴をおすすめします。入浴時に汗をしっかり流すことは、むくみが解消、血行促進など様々な健康効果が期待できます。さらに、リラックス効果があるので、ストレスで冷え性になっている方にはピッタリ。皮脂の分泌を促進してくれるので、冬場に肌の乾燥でお悩みの方にもおすすめです。

 

ここでは、つらい冷え性が少しでも楽になる、お風呂の入り方と、「半身浴」「手浴」「足浴」「入浴剤」についてまとめました。

冷え性の人は熱いお湯に長く入ってはいけません

 

冷え性が辛いから、お風呂を熱くしてしまいがちですが、実は、この方法が間違いなんです。熱いお湯に入ってしまうと、自律神経が過敏に反応してしまい、体は興奮状態になってしまいます。興奮しているとき、血管は収縮しているので、血行は悪い状態です。

 

熱いお風呂に入ったしばらくは、体はポカポカしていますが、急激に冷えてしまうのは、こんな理由が隠れていました。ゆっくり、じっくり体を温めると、体はリラックス状態になり血管は拡張し、血行がよくなります。お風呂の温度は、目安として38〜40度程度が体には負担にならずに、ベストなんです。

流れる汗でデトックスを実感できる「半身浴」

冷え性,お風呂の入り方

 

脂と塩分が混じったベトベトした汗が出始めますが、少し時間がたつとサラサラの汗に変化します。なかなか汗が出ない場合は、疲れが溜まっていたり、代謝が落ちていると思っても良いでしょう。自分の体調をチェックするバロメーターになるので、時間がある時はチャレンジして見てくださいね。

 

半身浴
  1. 浴槽に、みぞおちから下がつかるぐらいのお湯をためる。
  2. じわりと汗をかく程度つかる。目安として15〜20分。

※体調が悪いときや月経中は、体の負担になるのでさける。

 

冷えやすい末端をピンポイントで温める「手浴」「足浴」

冷え性,お風呂の入り方

 

服を着たまま手軽にできる、「手浴」と「足浴」は、ちょっとした空き時間にできるのが魅力です。体の末端の冷え・むくみといった不快症状を改善し、体熱アップ、内臓の活性化、関節痛の軽減といった効果が期待できます。

 

足浴は本を読みながら、手浴はテレビを見ながらできるので、時間を有効活用できます。アロマオイルや、入浴剤を入れて香りを楽しむ事もおすすめです。

 

手湯
  1. 40〜42℃のお湯を準備する。
  2. 手首から5cmぐらい、つかるようにお湯を洗面器に注ぐ。
  3. 両手を10〜15分入れる。
足湯
  1. 40〜42℃のお湯を準備する。
  2. くるぶしから、指3本分の高さまでつかるようにバケツにお湯を注ぐ
  3. 両足を10〜15分入れる。

入浴剤を有効活用

 

冬になると入浴剤のCMが多くなりますよね。それは、入浴剤を用いることで湯冷めしにくくなるからです。さらに、肌の潤いが増したり、香りのリラックス効果などが得られるなど、大人女子にはうれしい効果がいっぱいです。

 

薬効成分豊富な一石二鳥の入浴剤

 

自分でできる簡単入浴剤 ショウガ風呂・牛乳風呂・日本酒風呂・粗塩湯・ゆず湯・みかん湯・アロマ湯

 

入浴剤は、市販品だけでなく、身近なものでも利用できます。しかし、入れるモノによっては、残り湯で洗濯ができなくなってしまったり、成分の刺激で肌が痒くなってしまったり、デメリットもあるので、気をつけて利用しましょう。

血行を良くしデトックス効果の炭酸入浴剤

 

    炭酸入浴剤のうれしい効果
  • 湯に溶けた炭酸ガス(二酸化炭素)が皮膚に浸透。血管を広げ血流をよくする。
  • 血行がよくなって肩こり、腰痛の軽減に。
  • 炭酸が肌の皮脂や古い角質を吸着してくれる。

 

湯に溶け込んだ炭酸ガスは、皮膚に入って血管を広げるので血行がよくなります。冷え性の改善にもってこいですね。時間がたつと、泡が消えて効果がなくなっていると思いがちですが、炭酸ガスが湯によく溶け込んでいるので、心配はいりません。むしろ、溶け込んでしまってからのほうが効果的なんです。炭酸の効果は1時間半〜2時間ほど持続するので、その間に入りましょう。

冷え性,お風呂の入り方

炭酸にはタンパク質を吸着する働きがあり、肌の古い角質や老廃物を除去してくれるので、肌のデトックス効果が期待できます。おだやかな炭酸であれば、クエン酸と重曹で手作りもできます。この2つの物質は、水あかをつきにくくするので、湯船がピカピカになるので、お風呂掃除も楽になりますよ。

 

手作り炭酸入浴剤

重曹(ベーキングパウダーでも可)大さじ2、クエン酸大さじ1を混ぜ合わせる。38~40度の温めの湯に入れる。

足先が冷たくて眠れないほど、冷え性に悩んでいた〜Bさんの体験談〜

 

冷え性とは無縁の生活を送っていたのですが、30代に入ると足先が冷たくて眠れない日があるほど、冷え性に悩まされるようになりました。若い頃から冷え性に悩んでいた友人に相談すると、いつもシャワーだけで済ませていたお風呂の時間、しっかり湯船に浸かることを勧められて、おすすめのクナイプバスソルトのラベンダーの香りの入浴剤をプレゼントしてくれたのです。

 

それがキッカケで早速、湯船に浸かることにしました。入浴剤をお湯に入れた瞬間、ラベンダーの良い香りがして癒されました。血行が良くなるように40度の温度で、のんびり浸かり体を芯から温めると、お風呂から上がっても体がずっとポカポカしたままです。

 

足先が冷たくて眠れないほどだったのに、湯船に浸かった日はぐっすり眠ることができました。冷え性に悩む女性は多いですが、簡単に出来る冷え性対策としてクナイプの入浴剤でのんびり湯船に浸かることはおすすめです。

入浴剤があればお風呂は天国〜Jさんの体験談〜

 

母からもらった入浴剤がすっかり気に入り、他の香りも試してみることにしました。入浴剤マニアのようです。色々試しましたが、どれも体が温まります。香りだけと思っていた入浴剤にこんなに効果があったとは、驚きでした。香りでとても気に入ったのは、ラベンダーとローズです。

 

冷え性,お風呂の入り方

入浴剤は種類が豊富なので、誰でも好きな香りがきっと見つかると思います。入浴剤に出会って、私の冷え性はかなり改善されました。そして、湯船に浸かるようになってから肩こりも良くなりました。

 

冷え性が原因で肩がこっていたのだと思います。湯船に浸かって体を芯から温めることで、ぐっすり眠れるようになっただけではなく、体に良い変化がたくさんありました。

まとめ

お風呂の入り方は、誰でも同じではいけません。冷え性の体に負担にならないような、お風呂の入り方もしっかり理解する事が大切です。お風呂は、「むくみ改善」「デトックス効果」「血行促進」など様々な効果が期待できます。この効果を有効活用できれば、冷え性の状態を軽くして、質の良い眠りへと導いてくれるので、ぜひ取り入れて下さいね。

 

さらに、お風呂のリラックス効果を高めるために、入浴剤を利用することで、美肌効果など相乗効果が期待できます。女子力アップのために、ぜひ利用しましょう。