手っ取り早い冷え対策|カイロをはるおすすめの場所

冷え性,カイロ

外出先が思いがけず寒かった時など、色々な場面で役立つのが使い捨てカイロです。ファッションにひびきにくく、冷え性女子のお助けアイテムですね。これをどこに貼れば、効率よく体を温められるか、また、貼れないタイプのカイロならばどう使うか解説します。

おすすめ「貼るカイロ」ポイント

 

下腹部と腰がおすすめです。実は、手足が冷えるのは、体幹の温度を下げないための防御反応の一つです。なので、体幹を温めてあげることが必要なんです。

 

もう1か所、温度に敏感な上半身のなかでも、肩甲骨の間に貼るのがおすすめです。特に手先の冷える方には、肩こりの人が多いんです。肩甲骨のあたりの血液循環をよくして、肩こり・首こりを楽にしましょう。

 

冷え性,カイロ

肩甲骨の間 左右の肩甲骨の間に。首や肩こりで悩む方におすすめ。
下腹部のカイロとはさむように使うと、足や背中にも熱が伝わる。体全体を温めたい方におすすめ。
下腹部 おへその下あたり。腸や子宮なども温めてくれる。生理痛の時や、内臓からの冷えで悩む方におすすめ。

足先が冷たいときは足首がおすすめ

 

冷え性,カイロ

足先を温めるために、カイロを足首に貼りましょう。足首には比較的太い血管があるので、ここを温めると足先へ流れていき、血液を効率よく温めることができます。一緒にレッグウォーマーなどを使うのもおすすめです。

 

一方、足先に貼るタイプのカイロも販売されていますが、足先は細い血管しかないので、カイロを貼っても、温められる血液は多くないので、効率は悪いようです。カイロは、皮膚を温めるというより、血管内を流れる血液を温める事が重要です。

 

カイロも進化しています

カイロには、繰り返し使えるタイプや、充電式、レンジであたためるタイプも登場しています。これまでは「カイロ=使い捨て」のイメージがありましたが、バリエーションが豊富になっています。見た目や、使いやすさで選んでみましょう。

貼らないタイプはどこに!?

パンツスタイルの時

お尻側の左ポケット、前側の右ポケットにカイロを1つずつ入れ、ある程度温まったら左右を入れ替えていきます。左のカイロの熱は右にも伝わるので、効率的に温められるのでおすすめです。

 

座り仕事の時

左右のソケイ部にV字になるように置きます。足先に向かう、そけい動脈を流れる血液が温まり、つま先までポカポカになるのでお試し下さい。片側だけにあて、左右交互に温めるのもおすすめです。

まとめ

冷えを我慢する事で、ストレスになり、さらに冷えをまねくことにもつながります。カイロは手頃な価格であたたかさが実感できる、冷え性で悩む大人女子のお助けアイテムです。効率よく体を温めるために、賢く利用しましょう。