服装で冷え性改善 | 冷えとりファッションの着こなし方

服装で冷え性改善 | 冷えとりファッションの着こなし方記事一覧

冷え性対策として、服装は常に「頭寒足熱」が基本。つまり、足元を温かくし上半身をすずしくするようなイメージです。寒い場合は、靴下を増やし、次にレギンスやレッグウォーマーを利用しましょう。ここでは、吉田羊さんや相武紗季さんもしている、「冷えとり靴下」について調査してみました。冷えとり靴下を利用した方の口コミは、良いものが多いので、やってみたことがない方も、一度はチャレンジしてみる事をおすすめします。

女性の服装は、「頭寒足熱」が体を冷やさずおすすめです。「下半身を温める」ことを行えば、「上半身を涼しく」しても大丈夫なのです。これは、夏でも冬でも同じです。ここでは、冷え性改善におすすめな洋服の着こなし方や、冷えをまねいてしまう服装について解説します。これからの冷えとりファッションの参考にしてくださいね。

夏は代謝の低下や冷房の使用により、冷え性になりやすい季節です。特に女性は、「足が冷えて眠れない!」という日もあるでしょう。冷え性を予防するためには、体を温める食材をとることや入浴で体を温めるなどの方法がありますが、手ごろに使用できる「靴下」の効果的な使用方法について詳しく解説していきます。

サンダルは夏のファッションに必須のアイテムですよね。しかし、サンダルは素足で履くことが多いため、足元から冷えやすいので注意が必要です。特に屋内は冷房が効いている場所が多いため、冷え性対策をしっかりとする必要があります。サンダルを履くときの冷え性対策について見てきましょう。