服装のポイントは「頭寒足熱」

女性の服装は、「頭寒足熱」が体を冷やさずおすすめです。「下半身を温める」ことを行えば、「上半身を涼しく」しても大丈夫なのです。これは、夏でも冬でも同じです。ここでは、冷え性改善におすすめな洋服の着こなし方や、冷えをまねいてしまう服装について解説します。これからの冷えとりファッションの参考にしてくださいね。

おすすめな洋服

 

冷え性,対策,服装

 

おすすめの下着
  • おへそまで隠れるショーツの2枚履き。
  • ロング丈のタンクトップ

 

おすすめの服装
  • ゆったりしたパンツ:空気の層が出来て温かい。
  • 腰回りにゆとりのあるデザイン:薄手のレギンスを重ね履きするなどさらに保温力アップ。

レギンス、レッグウォーマーをとりいれる

冷え性,対策,服装

下半身を温かく保つには、冷えとり靴下と共に、レギンスやレッグウォーマーも取り入れましょう。レギンスの履き方も靴下と同じように、一番内側を絹にして、その上に綿や毛などの天然素材、さらにその上に絹・・・・・と何枚も行っても大丈夫です。しかし、ファッション用のレギンスは、化繊が多く含まれているので、製品表示はを確認して購入しましょう。

 

化繊は伸縮性があり、コスパもよいのですが、冷えとりと考えるとおすすめできるものではありません。天然素材のものにしてください。冷え性対策としておすすめの着こなしは、レギンスの上にレッグウォーマーです。より保温力も高める事もできます。

おすすめの下着

冷え性対策ならば、カラダを温める綿やシルクなど天然素材の下着がおすすめです。下着にも様々なタイプがあり、それぞれメリットもデメリットもあります。しかも、洗濯も頻繁なので、いたみも早く、コスト面も考えなければいけません。自分自身のライフスタイルに合わせた、体に優しい下着選びを行いましょう。

 

  • 綿・・・天然素材の下着は肌にやさしい一方、夏場などたくさん汗をかいたらすぐにとり替えないとカラダが冷えるので要注意。
  • シルク・・・タンパク質は、人間の皮膚組織に近い成分なので肌にやさしく、カラダを冷やさない。
  • 化学繊維(ナイロン、ポリエステル)・・・摩擦が起こりやすく、肌荒れ・アレルギーの原因に。

「首」のつく部分をカバーすれば効率的に冷えを防げる

 

手っ取り早い冷え性対策は、衣類での保温です。しかし、着太りする事ではありません。「温めポイント」にしぼり、保温することで、効率よく体を温めることができます。そして、冷房や、暖房による汗は、汗の水分が体を冷やす原因になります。その時々の衣類の合わせ方が必要です。

温めポイント

首・手首・足首・腰から太ももにかけて

 

特に「首」のつく部分をカバーすれば効率的に冷えを防げます。

おすすめできない洋服

 

冷え性,対策,服装

 

おすすめできない下着
  • ガードル:血行が妨げられ、うっ血を招く。
  • ローライズショーツ:お腹も子宮も冷やしてしまう。

 

おすすめできない服装
  • タイトスカート、スキニーパンツ:血流のポンプ機能を担う脚の血流を妨げる。
  • 素足:足首や足先を冷やす。タイトなブーツ。
  • 短い丈のトップス:お腹が冷えがち。

夏服も冬服も、基本は変わらない

 

真夏でも、冷え性対策を継続します。冷房や、冷たい食べ物で、体は夏の間も冷えています。秋になって気温の変化や、アレルギーなど体調を崩すことはありませんか?それは、夏にためていた冷えが、溜まってしまったからです。。

 

「冷え」が強い人は、体が冷えている事に鈍感になり、夏になるとつい「裸足ですごしたい」と思ってしまうようですが、冷えとりの「頭寒足熱」は継続してください。どんなに暑い日でも、靴下の重ね履きをして、枚数も、極力減らさないようにしましょう。その代わり、靴下さえきちんと履いていれば、半ズボンでも問題ありません。

 

そして、暑い日は、クーラーを使用しても大丈夫ですが、クーラーは足元に冷気が溜まりやすいので、部屋の空気を循環させましょう。

まとめ

 

冷えとりを実践するのであれば、体を締め付けるような服装は避けて、足元をあたたかくすることが必要です。一見、大変そうに見えますが、家にある洋服を工夫してできることもあります。まずは、自分に取り入れられる事から始めましょう。