妊活・妊娠と冷え性の関係記事一覧

出産後は育児に忙しく、自分の体調管理が後回しになりがちです。しかし、冷え性対策や食生活などの見直しを行うことにより、産後の回復が順調に進み、さらに母乳の出がよくなるなどの効果が期待できます。産後の冷え性の影響と対策について、詳しく説明していきます。

妊娠に向けて、体調を整え生活習慣を改善することにより、妊娠しやすい体を作ることを「妊活」と言います。健康な男女が排卵日に性交渉をしたときに、妊娠する確率は約20〜30%程度と言われています。しかし、年齢や体調などさまざまなことが原因となり、妊娠する確率は変動します。妊娠しやすい体を作るためには、自分の生理周期を知り、妊娠についての正しい知識を持つことも大切です。加えて生活習慣を改善したり、冷え性対...

妊娠中の冷え症は、妊娠の経過に影響をもたらします。体が冷えていると血流が悪くなり、子宮内の赤ちゃんへの血流も悪くなってしまいます。また、冷え性はむくみなどの原因にもなります。冷え性がもたらす影響と、冷え性対策について詳しく見ていきましょう。

女性の多くは「冷え性」を自覚しています。しかし、中には冷え性であることを感じない人もいるのです。冷え性は手先などが冷たいことだけではなく、お腹や腰回りが冷えることも「冷え性」なのです。おなかや腰回りの冷えは、不妊症の原因であると考えられています。これから体の冷えと不妊の関係について詳しく説明していきます。